農体験
ホーム > 農体験

新しい村を楽しむなら「農体験」しなきゃ!

田舎の風景を楽しみながらのんびり過ごすのも新しい村ですが、やはり体験していただきたいのは様々な「農」です。「農」のあるまちづくりをしている宮代町の新しい村だからこそ、「農」を体験できる講座を多く企画しています。

どろんこになったり、土に触れたり、お米や野菜がどんな風に採れるのか、直接見る事が出来る貴重な体験です。大人も子どもも夢中になれる新しい村の「農体験」をぜひご体験ください。

また、集落農園 結の里は、個人で借りられる宮代型の市民農園です。自分の手で野菜や果物を作りたい!そんな人にお薦めの貸出し施設です。

 

農業体験講座を見る集落農園結の里を見る

 

稲体験の中心「ほっつけ田」

宮代町の「農」のあるまちづくりの象徴と言えるのが「ほっつけ田(堀上田)」です。かつて宮代町では多くのほっつけ田がありました。しかし、高度経済成長以降すっかり姿を消してしまいました。その後、町の中から「ほっつけ田を再生しよう!」と声があがり、現在新しい村の中に再生されています。

新しい村でみなさんに稲体験をしていただくための田んぼ、それがほっつけ田です。

堀上田

新しい村のある山崎地区は、山崎山と呼ばれる雑木林の台地と笠原沼とが接している地域です。水のたまりやすい低い土地で水田を営むため、江戸時代に沼を堀上げ、細い深い沼と堀上げた土でできた田んぼを作りました。これが「堀上げ田」と呼ばれる新田となりました。

堀り上げられた地面は田んぼとなり、掘り下げられた地面は水路となり排水に用いられました。水路はは淡水魚や小生物の宝庫でした。田んぼの形は不恰好でしたが、人間が自然に手を入れ、共生していることによる美しさがありました。

新しい村のある地域は、このような田んぼがたくさんつながってお米作りが盛んに行われてきたところで、現在は再生された堀上げ田を「ほっつけ田」と呼び、新しい村で管理をし大切に保存しています。

 

 

農業体験講座を見る集落農園結の里を見る

 

このページの先頭へ