特集「ほっつけ稲作体験2017~田植え~」
ホーム > お知らせ > 特集)ほっつけ稲作体験2017~田植え~

今年もやってきたこの季節。泥んこになって苗を植えよう

今年もやってきたこの季節。泥んこになって苗を植えよう

2017年3月14日公開

この時期にしか出来ない田植え体験!

毎年多くのお客様にご参加いただく、人気の田植え体験。

今年も開催します!

昨年2016年の田植え体験は、511名の方にご参加いただき、新しい村のホッツケ田で泥んこになりながらの田植えをしていただきました。

ホッツケ田は、水のたまりやすい低い土地で水田を営むため、江戸時代に沼を堀上げ、細い深い沼と堀上げた土でできた田んぼを作りました。これが「堀上げ田」と呼ばれる新田となりました。

新しい村のある地域は、このような田んぼがたくさんつながってお米作りが盛んに行われてきたところで、現在は再生された堀上げ田を「ホッツケ田」と呼び、新しい村で管理をし大切に保存しています。

上空から見ると、ちょっと変わった形をしているのが分かり易いかと思います。

皆さんに田植え体験していただくのが江戸時代の水田開発を今に伝えるこのホッツケ田です。

 

人気の農体験、今年も募集いたします

2017年の田植え体験は、6月3日(土)と4日(日)の2日間、各日で午前と午後の2回開催するのでご都合に併せてお申込みください。

開催日:6月3日(土)、4日(日)、10日(土) ※全日開催決定・定員につき募集終了

時間 :午前の部)9:30~11:30、午後の部)13:00~15:00 ※6/10は午前の部のみ

参加費:中学生以上(大人)1,500円(税込)、小学生1,000円(税込)、未就学児~幼稚園500円(税込)

募集人数:各回50名様まで(最少催行人数:10名様)先着順

※荒天時・中止の場合は事前連格いたします。
※小学生以下は保護者様の申し込みが必要となります。

募集時期:定員につき募集は終了いたしました。

申込み先:農の家TEL. 0480-48-6560(10:00~17:00・月曜定休)

「お申込みフォーム」もご利用いただけます。

2016年の田植え体験の様子

大人も子どもも泥んこになって楽しめる田植え体験。

皆さんに田んぼに入って植えていただく小さな苗。この苗が秋には立派な稲になり、お米になり、毎日食べるホカホカのご飯になるなんて、田植えや稲刈りの経験のないお子さんにはちょっと想像つかないかもしれませんね。新しい村の農体験では、お子さんの食育も兼ねた体験講座です。

普段は怒られてしまうような泥だらけも、この日だけはどうどうと泥んこになれます。

簡単そうに見えて、田んぼの中を歩くのは大変なんですよ。毎年足を取られて転んでしまう方続出! でも、それが余計に楽しいのです。

泥だらけになって植えた苗には愛着がわいて、稲になって収穫する秋まで見守りたくなってしまうはずですよ。

 

 

皆さまのご参加お待ちしております。

 

(おわり)

特集一覧を見る

 

このページの先頭へ