特集「村のハーブ園が新しくなりました」
ホーム > お知らせ > 特集)村のハーブ園が新しくなりました

村のハーブ園が新しくなりました

村のハーブ園が新しくなりました

2018年6月公開

オープニングイベント開催しました

2018年5月。

新しい村のハーブ園が「生活の木」さんプロデュースにより「宮代町メディカルハーブガーデン」としてリニューアルいたしました。

メディカルハーブ? とその名にピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。そちらについては後半にご説明させていただくとして・・・

まずは、生まれ変わったハーブガーデンのオープニングイベントの様子をご紹介いたします。

 

 

2018年5月19日(土)にお披露目

「メディカルハーブガーデン」をプロデュースしてくれた「生活の木」のガーデンリーダーである髙橋氏を講師にお招きして開催したのは「ハーブの寄せ植え講座」です。

定員20名を大幅に超えるお申込みをいただき、急遽定員を増やしての開催となりました。

この日は、心配した雨も早々に止み、日差しの強い天気。講座会場のハーブ園にテントをはって暑さ対策をしました。

今回は、一つの鉢に「レモンバーベナ」「レモンバーム」「ローズマリー」を植えていきますが、最初にハーブの用途や期待される効果などについて説明を聞きます。皆さん資料を見ながら真剣に聞き入っていました。

その後は、プロのアドバイスをうけながら思い思いに寄せ植えを楽しみます。

出来上がった鉢植えは、皆さんお持ち帰りいただき、ご自宅で大切に育てていただきます。

今回は、地元宮代町の「オリハラ園芸」さんにご用意いただいたハーブ苗のお土産もご用意いたしました。

 


 

新井町長をお招きして記念植栽

講座終了後は、宮代町の新井町長をお招きして、弊社の社長 立石と共に記念植栽をしました。ラベンダーガーデンにお二人でラベンダーを植えていただいた後は、参加者の皆さんにもお手伝いいただきました。

この日は、宮代町広報をはじめ、埼東読売さんなど取材のカメラも多く、記念撮影時には「次はこっちお願いしま~す」「次はこっちで~す」とカメラマンの順番待ち状態。参加者の方には暑い中お付き合いいただき感謝です。


 

 

生活の木さんプロデュース「宮代町メディカルハーブガーデン」とは

新しい村のハーブ園では、ラベンダーの摘み取りなどをお楽しみいただくなどをしておりましたが、全体的には管理が行き届いていないところもありました。反省しております。そこでハーブ園復活プロジェクト! 「新しい村のハーブ園に行ってみよう!」と思っていただけるよう、「生活の木」さんにプロデュースをお願いしました。

「生活の木」さんは、

自然・健康・楽しさをテーマに、生活科学(生活をよりよく識る)と生活哲学(生活をよりよく考える)を通して、モノ、コト、そしてココロの豊かさある生活を追求、提案、販売する。をコンセプトにしています。埼玉県飯能市にある「メディカルハーブガーデン 薬香草園(やっこうそうえん)」は、ハーブ本来の用途、メディカルも考える新たなハーブガーデンです。

(※生活の木さんWebサイトより)

 

新しい村のハーブ園リニューアルにあたり、村のスタッフは「生活の木」さんと何度も打合せを重ねてきました。

どんな風にしたら遊びに来てくれるかな? 喜んでもらえるかな? 何度も足を運んでもらえるかな?

どんな風にしたらちゃんと管理していけるかな?

オープン当時だけでなく長く何度も活用・お楽しみいただけるハーブ園を目指し、「宮代町メディカルハーブガーデン」が完成しました。

まだまだ小さな苗ばかりですが、日を増し、季節が変わるごとにどんどん素敵なハーブガーデンに育っていきます。季節の移り変わりとともに「メディカルハーブガーデン」をお楽しみください。


 

見て、さわって、香って。訪れて楽しむハーブガーデン

「宮代町メディカルハーブガーデン」プロデュースにあたる色々を「生活の木」さんに質問をしてみました。

生活の木)
現在の区画や今あるハーブを活かしながらどのようにリニューアルできるかを考えました。その結果、区画ごとにテーマを決めた配置にしています。

ガーデンの名称に含まれる「メディカルハーブ」とは、生活に役立つ「薬草」や「香草」で、豊かで健康になるために役立つハーブです。新しい村のハーブガーデンでも、そんなメディカルハーブをお楽しみいただける区画があります。ぜひ、どんなことに良いハーブなのか?自分に合うハーブなのか?探していただきたいです。

 

Q.ハーブガーデンを訪れる人にどんな風に利用してほしいですか?

生活の木)
ハーブガーデンの説明などでヒントを得ていただき、ぜひ家で育ててほしいです。日常でハーブを楽しむきっかけになってもらえたら嬉しいです。また、ぜひさわって香ってハーブごとの違いを感じてほしいです。ミントガーデンにはたくさんの種類のミントを植えました。葉に少し触れて香ってみると甘い香りのするもの、酸味を感じるもの、すきっとした香りのものなど違いをはっきりと感じます。
(オープンイベントでは、新井町長も一つひとつのミントの香りの違いを試していました)

もちろん、季節ごとのハーブガーデンの表情もお楽しみいただきたいです。オープンしたての時は小さな苗ですが、これからどんどん育っていきます。本格的に見応えのあるハーブガーデンになるには1年位はかかってしまいますが、その移り変わりも楽しみの一つとして何度も足を運んでもらいたいですね。

 

Q.これから新しい村のスタッフがハーブガーデンを管理するにあたり、どんなことを望みますか?

生活の木)
日々のメンテナンスはもちろんですが、スタッフの方たちに育って行く過程を楽しんでいただきたいです。お手入れ方法や選定の仕方などはこれからご指導してきますので、愛着を持ってくださいね。

 

新しい村では、「生活の木」さんのご指導を受けながら、「宮代町メディカルハーブガーデン」を素敵な場所に育てていきます。時々、「生活の木」さんを講師にお招きしてハーブを知っていただく講座も開催したいと思います。これからのハーブガーデンにご期待ください。

また、「生活の木」さんの一部の商品を新しい村で販売しておりますので、ハーブガーデンにお立ち寄りの際は、「農の家」にお声掛けください。

 

 

村の花壇にも注目!

森の市場周辺のプランターに花壇を作ります。

森の市場生産者・花部会がプロデュースして、季節後に村らしい花壇が登場します。お買物の際には、ぜひプランターにも目を向けてみてください。森の市場結では、ハーブやお花の苗も販売しております。

>> 野菜苗・花の年間販売予定

 

 

ハーブガーデンについてのご質問などは、「農の家」にお声掛けください。

 

(おわり)

特集一覧を見る

 

このページの先頭へ